ホワイトニングで人気のパールクチュールの口コミや効果、評価を調査しましたので最安値ショップをご紹介します。

パールクチュールの評判|ホワイトニング効果はどうなの?

パールクチュール 効果

パールクチュールは差し歯もホワイトニング出来るの?

更新日:

差し歯にもパールクチュールのようなホワイトニング歯磨き粉で磨いても問題はないのか?

疑問に思うと思います。
そこで差し歯でも使えるのか調査してみました。

差し歯にもパールクチュールは使える?

歯が白いと清潔感があり、笑顔にも地震が持てます。
もしパールクチュールが差し歯に使えたら歯全体が白くなりとても嬉しいですが、差し歯には使う事が出来ません。

なぜなら素材の色が変色してしまうからです。

保険適用で作った差し歯の素材は「レジン」と呼ばれるプラスチックです。

入れたばかりの時は白く綺麗ですが、年数が経つにつれ経年劣化が起こり色が変色していきます。
天然歯は唾液で作られる薄い粘膜で覆われているため、着色を防いでくれますがレジンにはその効果がなく、色が付きやすい素材のため天然歯よりも着色しやすいです。

クリーニングや専門店で対処する

差し歯の着色にホワイトニング効果を発揮しませんが、付いたばかりの汚れならクリーニングである程度落とす事は可能です。
ただしレジンはそこまで強い素材では無いため、研磨剤で強くこするのはNGです。

また、ホワイトニングは漂白です。
漂白では差し歯を白くする事は出来ませんが汚れを分解して元に戻すというサロンはいくつかあります。

ホワイトニング出来ない場合の対処法は?

かぶせ変え

今現在使用している差し歯を取り、新しい被せ物と交換するのが良いでしょう。
しかし、治療目的でなく審美目的ですので保険適用外なので数十万円掛かる事がデメリットになります。

変色しにくい差し歯の素材とは?

保険診療で差し歯を作るとレジンや金属となり、時間が経つと歯の黄ばみや歯茎の黒ずみに悩む方も増えてきます。

しかし、差し歯の素材にはこれら以外にもあります。

セラミック

天然歯のような自然な仕上がりで有名なのがセラミック!

陶器なのであまり強度はあまりなく、歯ぎしりや食いしばりをすると欠けてしまう可能性もあります。
また、自費診療なので高額になります。

セラミックのメリット

・自然な歯の色と見分けが付かないくらい綺麗で、着色汚れの心配がない。

・長期間使用できる

セラミックのデメリット

・費用が高く、1本あたり7万円〜15万円程掛かる。

・歯ぎしりや食いしばりで欠ける事がある

 

着色しづらい生活習慣にする

着色しづらい食べものを食べる

コーヒーや赤ワインなど着色汚れの代表と言える物がありますが、毎日の食卓で使う醤油やお酢など酸味の強い物も着色汚れに影響されます。
全てを食べないというのは無理がありますので、赤ワインじゃなくて白ワインを飲むなどコーヒーの本数を減らすなどして対策をしましょう。

タバコを吸わない

タバコに含まれているタールは色が濃くくっつきやすい性質があります。

部屋などで吸っていると壁紙が茶色く変色するのはタールが付着した結果になります。

歯も同じで口に含んだ煙が歯に付着して歯の着色汚れに繋がります。

軽いタバコに変えたからといって茶色くならない事はありません。
タバコを辞めない限り歯は変色をしていきます。

まとめ

保険適用で作られた差し歯はレジンであり、歯が変色しやすい素材になっています。
もし経済的に余裕がある方はセラミックなどの陶器の差し歯にする事をオススメします。

また、食生活にも気を配りコーヒーの本数を減らしたり、ワインを赤ワインから白ワインにしたりと対策する事が出来ます。

喫煙は絶対に着色汚れに繋がりますので禁煙する事をオススメします。

-パールクチュール 効果

Copyright© パールクチュールの評判|ホワイトニング効果はどうなの? , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.